【ジョーの学び】産前産後の起き上がり

産前産後の起き上がり方。

日頃からベッドから起きる、床から起きる、そんな時のポイントを解説していきます。

意外と間違った方法で動いている方々が多いので、

ご自分の体を守るという意味でも意識されてみてください。

 

動画でみる

パスワードの入力が必須です。

pass:jo-movie

 

 

多い起き上がり方

 

今日は寝てるところからの起き上がり方をいろいろお伝えをしていこうと思います。

妊娠中の方も産後の方も
色々な方が意識をしていただけたら
良いかなと思いますのでご説明しますね。

結構やりがちな
ヨイショ!!

って・・・まっすぐ起きる方法。

コレって結構色々な人がやってしまいまがち。

コレが良いかといえば・・・

よくはないとは思います。

何が良くないかっていうと・・・

これは反動をつけたりしてしまいます。

お臍を覗き込むように
頭を持ち上げる動きをしてしまうと
お腹が実は膨れるんですよね。

圧がぐっとお腹にかかってきちゃうんですよね。

正直こういう動きって妊娠中産後の方々の
ぽっこりお腹の原因になってしまうような動きなんですね。

なので、実際のところ、

まっすぐ起きてきたり
反動つけて足を振り上げてする人がいるんですけど

こういう動き基本的にやらない方がイイと思います。

皆さん大体ぽっこりお腹が気になるって言っているのに

こういうぽっこりお腹を強めてしまうような
動きをするケースが多いので基本的にはお勧めしないです。

 

対処法

対処法としては

横向き経由で起きるか
うつ伏せ経由で起きた方がいいと思っています。

横向いて、手の力もちょっと使いながら起きる。

そうすることで、お腹には負担が来ないです。

あとは産後の方だったらうつ伏せ経由でもいいです。

仰向けから一回うつ伏せなっちゃって
体全部の力を使って起きてもいいです。

とりあえず仰向けを経由しないで起きるってのが
体のスタイルを悪くさせないコツでもあるし

よりぽっこりお腹を増やさないコツでもあります。

 

 

まっすぐ起きることでの弊害

これやりすぎてしまうと別のページでも紹介してるんですけど

”腹直筋離開”っていわれるお腹の
腹筋を割いてしまうような動きにもなってしまう原因になるんですね

それを予防したい想いもあるので

僕ら専門家からしたら
あんまりオススメはできない動きになります。

こういう動きは一般的には腹筋を使った方が良いからと思って
お客様はやりがちなのですがお勧めできないので注意して過ごしていただけると嬉しいです^^

意識して…日常生活過ごしてください♪

ではでは〜!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。