キノから学ぶ#1

【キノから学ぶ#1】

 

今回は

モンテッソーリ教育を取り入れた環境で

私がどういう風に子どもを見て

子どもたちと一緒にレッスンをしているのか

コツと見方をお伝えします

 

動画で見る♪

pass:kino-movie

 

 

動画の内容♪

初めての「こどもや」にきて

初めて見るものばっかりの中少し興奮した状態のレナちゃん。

 

ビー玉をあけうつすお仕事に取り組んでいる様子です^^

 

 

本来はスプーンですくってあけうつす活動だけど

トレイごと横の容器に移しちゃったり、容器を合わせて振ったり・・

本来の使い方じゃない使い方をしている

「この場合は許してOKなの!?」
「この動きは止めるべき!?」

で悩むこともあるかと思います^^

本来の使い方じゃないとダメな訳じゃないけど
今回は「ルール」を伝えるために止めました^^

「丁寧に扱わないと壊れてしまう」からです。

ルールの基準を設ける

 

ルールの上で私が大切にしてるのは

「自分」も「相手」も「物(環境)」も傷つけない

・この使い方合ってるかな?

・この動きを尊重していいのかな?

迷った時の基準があるといいですね^^

子どもが自分でやりだしできる時はいいのですが
今回は安全なやり方を見てほしいと思ったので
「一回だけ見てて」
と伝えて見てもらっています^^

コツは
ゆっくり、動きだけを見せる。

余計な言葉は最小限にしています。

大人が動きながら喋りながらやると
子どもは集中してやり方を見れません^^

 

 

簡単すぎるor難しすぎると【ポイっ!?】

そして
子どもがこの活動を集中してやるかどうかは
この時期にぴったりかどうか。にも関わってきます^^

ちょうど「面白い」っていう時期じゃないと
活動は面倒くさくなっちゃう

「自分のレベルよりちょっとだけ難しい」程度が
子どもにとって面白く、集中しやすい活動です^^

 

今回は

・家庭でのルールを決めること

・目の前の子ども自身を見て、「今のこの子にぴったりかな?」と見てあげること

 

それが今回のポイントでした^^!

 

 

 

キノから学ぶ#1でした^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。